平屋はバリアフリーの優しい住宅

 

こんにちは、テンダーハウスです。

皆さまはどんな住宅に住みたい、などの具体的な希望などはありますでしょうか?

 

 

例えば3階建てで、某映画で拝見するような屋根裏部屋があるような住宅に住みたい…

吹き抜けになっていて開放感があるリビングがいい…

平屋で縁側のある住宅がいい…など沢山あると思います。

そこで今回は、平屋のメリット・デメリットについてお話しさせて頂きたいと思います。

 

*平屋のメリット

 

 

①生活や家事の動線が効率的

 

1階で洗濯をして2階のベランダに干し、1階のクローゼットに収納…

2階の掃除の為に掃除機を運ぶ…

などの上下移動がなく、間取りを考えるときも平面移動だけなので、効率的な間取りが考えやすいです。

 

②家族とのコミュニケーションがとりやすい

 

各部屋に行くのに、リビングを通る間取りにする事が可能なため、

家族と自然に顔を合わせる機会が増えるため「子供がいつ帰ってきたのかわからない」

というよな状況も防ぐことが可能です。

 

③広いワンフロアが実現可能・建物が安定

 

平屋は高さが低いため、構造的に安定していて耐震性が高くなっています。

また、2階を支えるための壁や柱が不要な分、広いLDKや天井を高くするなど

ゆったりとした間取りが可能になります。

 

④メンテナンス費用が抑えやすい

 

定期的に必要な住宅メンテナンスの際、外壁の修繕時など

大掛かりな足場を組む必要がない為、2階建てと比べると費用を抑えられる傾向にあります。

 

⑤転落事故が防げる

 

2階がない為「階段からの転落」という事故を防ぐことが出来ます。

小さなお子様や高齢者に優しいバリアフリーなお住まいと言えますね。

 

 

*平屋のデメリット

 

①広い土地が必要

 

2階建てと同じ延べの床面積の家を建てるなら、単純に2倍の広さが必要になります。

土地にはエリアによって建ぺい率が決まっている為、敷地いっぱいに

建物を建てることはできません。

※建ぺい率…敷地面積に対する建築面積の割合

 

②坪単価が高くなる

 

①同様に2倍の広さが必要になります。

工事単価の高い基礎と屋根の面積が2倍になる分、

工事費が高くなって坪単価が高くなる傾向があります。

 

③陽当たりや風通しに注意

 

部屋数が増えると、中心部の部屋は陽当たりや風通しが悪くなる可能性があります。

天窓の設置や、建物をコの字・L字型に設計するなどの工夫が必要になります。

 

④プライバシーと防犯

 

部屋が全て1階の為、外からの視線が届きやすくなります。

塀や庭に目隠しを作るなどの工夫、リビングを道路から離れた場所に配置する

間取りを考える事が必要になります。

また防犯上も同様に考え、防犯カメラや人感センサー付きライトを設置、

音の出る砂利を敷くなどの対策が必要です。

 

さて、ここまで平屋のメリット・デメリットについて簡単にご説明いたしましたが、

お客様のライフスタイルに合わせた住宅設計が大切になってきます。

家族とのコミュニケーションを大切にしたい、

プライバシー対策をしっかりしたい、など

テンダーハウスでは、お客様一人一人の理想に照らし合わせた住まいづくりを

お手伝いさせて頂きます。

 

お気軽にお問い合わせください。

また、月に1度住まいの無料相談会も行っておりますので、合わせてご連絡下さい。

皆さまにお会いできる日を楽しみにしております。